PHANTOM 3 STANDARD 墜落から修理まで その2

スポンサーリンク

ファントム3スタンダードの修理

修理の申し込み〜発送

操縦中の不注意により墜落させてしまったファントム3スタンダードを修理に出します。
この機体は以前にもジンバルの不調で修理に出した事があるので、今回で二回目の修理です。

まずはDJIのウェブサイト内の製品サポートのページより修理の申し込みをします。

製品サポートのページの下の方にあるメールのアイコンをクリックすると、下のフォームが表示されるので、各項目を入力して送信ボタンを押します。

DJIサポート

翌日に下記の内容が書かれたメールが届きました。

お問い合わせいただき誠にありがとうございます。

修理依頼の旨、承知いたしました。

有償サポートのご案内をさせていただきます。

本製品 (Phantom 3 Standard)は、点検費用¥12,960にて有償サポートを受付しております。

弊社到着後、修理費用と修理期間をお見積し、改めてご連絡させて頂きます。

墜落等の場合はフルセットを送るようメールに記載されていたので、機体+バッテリー+プロポ+プロペラを元箱に入れて緩衝剤で包み、それを一回り大きい段ボールに入れて元払いで発送しました。

※メールに添付されている有償サポート依頼書(Excel形式)の各項目に記入し、プリントアウトして同封します。

DJIサポートセンターに到着

発送してから数日後、DJIサポートセンターから修理品の到着を知らせるメールが届きました。

平素、DJI製品をご愛用頂き誠にありがとう御座います。

◯◯ 様より修理のご依頼がありました製品Phantom 3 Standardが弊社に到着したことを確認しましたので、お知らせ致します。

お客様のケースナンバーは、CAS-876979-K1T◯◯◯となっております。

このメールに記載されているケースナンバーを用いて、ウェブサイトまたはDJI GOアプリ上で修理進捗状況が確認できます。




見積り結果の通知

更に数日後、見積り結果の通知メールが届きました。

◯◯ 様より修理のご依頼がありました製品Phantom 3 Standardのお見積りが完了しましたので、お知らせ致します。

下記お見積り書をご確認の上、修理続行/修理キャンセルの意思を下記ご返答先アドレス宛にご連絡下さい。

修理続行:見積り書内「総額」欄に記載されております金額と、別途代引き手数料を含めた金額をお支払い頂きます。

修理キャンセル:点検費用+送料に加え、別途代引き手数料を含めた金額をお支払い頂きます。

お客様より意思確認のご返答後、随時対応開始とさせていただきます。

今回の見積りは以下の通りです。

ドローン修理見積り

備考欄にプロペラと機体とカメラの交換修理と記載されており、破損したボディシェルのみを交換するのではなく、機体とカメラそのものを交換するようです。

機体とカメラとプロペラが新品交換で¥19,830というのは良心的な金額設定だと思いました。

見積もり請求書の確認後に、修理続行の意思を返信して対応開始となります。

※見積もり後に修理をキャンセルしても、点検費用+送料に加え、別途代引き手数料を含めた金額を支払わななくてはなりません。

スポンサーリンク